株式会社パイグラフィックス-岐阜・多治見・名古屋・東京 グラフィックデザイン・ホームページ企画・制作・アパレルグラフィック・アパレル企画・デザイン画・パターン作成・3D建築パースデザイン 岐阜県多治見市 株式会社パイグラフィックスはウェブサイト、ホームページの企画・制作、サイトチューニング、SEO対策の他、商品のグラフィック制作、企画、建築C.G.などの3D C.G.制作、アパレル商品企画、グラフィックデザイン制作などグラフィックを中心に企画全般を行う企画制作会社です。

works
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。

過去はあまり振り返りたくないタイプなので、懐古主義みたいになってしまうのはイヤなのだが、ウェブサイトリニューアルにあたって、そしてpi-graphics*設立10周年として過去の実績含め自身のアーカイブとしてサイトに掲載していこうと思うのだが、膨大なアートワーク、特に1999年から2006年までの7年間やってきたTシャツブランド「empty」に関するアートワークが膨大で、何を掲載するか何から掲載するかわけがわからなくなるのだけれど、とりあえず思いつくものから順不同で掲載していこうと思う。
まぁ、仕事の合間とか深夜とかを使ってのアップなので、どこまで続くか、いつまで続くかわからないのだけれどすこしづつやっていこうと思う。(^_^;)

これはMdnというデジタルアート系の雑誌が主催した「デジタルアートコンテスト」で賞をいただいた作品

1999年と2000年、2回に渡って出品したのだけれど、
1999年に優秀賞、2000は一つランクが落ちて佳作だった。個人的には2000年のほうが好きなんだけど、’99と同じ手法を使ったので佳作になったのだろう。

『第3回日本デジタルアート入選作』 1999年 優秀賞作品 “THE e BOOK”
この作品がきっかけでemptyというTシャツグラフィックブランドが世に出る事になった記念すべき作品
なんと賞受賞の1週間前に事務局から「優秀賞受賞おめでとうございます、つきましては、授賞式云々・・・」と書いてあるハガキが届く夢を見て、目が覚めてもすごくリアルだった。その1週間後、本当に事務局から封書が届き、おそるおそる封書を開くとそこにはなんと「優秀賞受賞のお知らせ」の文字が!
夢が正夢になったというなんとも思い出深い作品。


『第4回日本デジタルアート入選作』 2000年 佳作作品 ”The wireframe Artworks of EMPTY”
イラストレーター5.5とDimension2.0、Shade3で作った作品

Comments are closed.

カレンダー

8月 2018
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

ブログ内検索

RSS ATOM